ストレージはインターフェイスで速度が違う

HDDやSSDを買おうと思ってお店に行くと、IDE・SATA・mSATA・M.2など、インターフェース規格があふれていてどれを選べばいいか混乱してきます。

そこでよく聞くストレージのインターフェース規格をまとめてみました。

IDE

後述するシリアルATA(SATA)との対比でパラレルATAとも呼ばれる、旧世代の規格。HDDに多いですが、かなり初期のSSDの一部にも使われたようです。

容量や速度の問題があり、それらを解決しようとして独自規格が増えたため、互換性を保つためAdvanced Technology Attachment(ATA)として策定されました。

現在では後進に道を譲っていますが、ジャンク品などではまだまだよく見ます。

SATA、mSATA、eSATA

シリアルATAという名前通り、パラレル通信だったATAをシリアル通信にしたり、いろいろな改良がなされた規格です。

HDDやSSDで一番良くみる規格であり、現在主流になっているといえます。

ケーブルを使わず直接専用端子に差し込む形状のmSATAという規格や外付けドライブ向けの規格であるeSATAなど、派生規格もあります。

>> mSATA SSDって、フツーのSSDとなにが違う?

SATA Express

SATAはIDEより十分早いものの、やはり転送速度に限界が見え始めているようです。

そこでPCI ExpressというPCパーツの拡張用規格を使って転送速度を上げることが考えられました。それがSATA Expressです。

PCI Expressはグラフィックボードなどの拡張パーツを接続するための汎用的な規格で、転送速度も早いです。

現状普及しているSATAをソフトウェア基盤に据え、内部インターフェイスとしてPCI Expressを使うことで低コストで転送速度を上げることが出来ました。

M.2

そしてそのSATA Expressの後継規格として登場し、人気が高まっているのがM.2です。

小型化したのにSATAに比べて転送速度の限界は大幅に上昇しています。ゲーミングPCを使っていてSSDにその性能を遺憾なく発揮してもらいたいという場合はM.2を選びましょう。

そのため、今後のストレージ・インターフェースとして主流になっていくであろうと考えられる規格です。

まとめ

これからSSDを買うならM.2がいいでしょう。対応していないPCもあるかもしれませんが、SSDの限界性能を引き出すにはSATAでは力不足です。

HDDの場合はストレージ側の速度に限界があるのでSSDほどたくさんの規格はありませんが、SATAにしておくと後々SSDに換装したりする際に便利だと思います。